吉田 愛 (よしだ あい)

   

東京都出身。武蔵野音楽大学卒業後、渡独。

ドイツ・リューベック音楽大学、同音楽院に於いて

ディプロマ及びドイツ国家演奏家資格を最優秀で取得。

また文化庁芸術家在外研修員として、同校教会音楽科でドイツ教会音楽家資格を得る。

 

1996年オランダ・マーストリヒト、2002年スイス・ローザンヌでの各国際オルガン・コンクールで受賞。2002~2006年、盛岡市民文化ホール専属オルガニストを務めた。

 

現在は北イタリアに在住し、ヨーロッパ各地、アメリカ、日本において演奏活動を行う他、各地で後進の指導に当たっている。また日本人のための「ドロミテ・オルガン・アカデミー」を開催し、ヨーロッパと日本のオルガン文化交流に務めている。

 

ソロCD「バッハとイタリア」(2010年ワオンレコード)は、 レコード芸術誌 「特選盤」、音楽現代誌「推薦」、CDジャーナル誌「注目盤」、朝日新聞「推薦盤」などに選ばれ、注目を集めた。

 

オルガンを藤枝照久、M.ハーゼルベック、 古典奏法を L.ギエルミ、即興演奏をJ.エッスル、チェンバロをH-J. シュノアの各氏に師事。

 

南チロル、エーニャ市サン・ニコロ教会オルガニスト、スイス、ポントレジーナ市サン・ニクロ教会オルガニスト。 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

 

ブログ「オルガニスト愛のドロミテ山小屋生活

 

 

 

 

アレックス・ガイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリア・ヴェネト州出身。 パドヴァ音楽院でオルガンと作曲をR.リヴィエリ、ミラノ市立音楽院で古典奏法をL.ギエルミ、ヴィチェンツァ音楽院でチェンバロをP.マリサルディの各氏らに師事。

 

2001年、「G.ジャルダ賞」コンクールにて受賞、また同年、第5回ガエタノ・カッリード国際オルガンコンクールで第3位。 以後、コンサートオルガニストとして、イタリア、ヨーロッパ各地の国際オルガンフェスティバルや、日本において幅広く演奏活動を行っている。

吉田愛との「ORGAN DUO」では、ヨーロッパ各地や日本において、オルガン4手連弾を交えた個性的なプログラムでオルガンの幅広い魅力を紹介し好評を博している。

CD「4手の対話」は、レコード芸術誌「優秀録音」、朝日、読売新聞、音楽現代誌で「推薦盤」。

 

1992~2005年、ヴェネト州コルディニャーノ市教会オルガニストと務め、現在はドロミテ山麓テゼロ市サン・エリゼオ教会オルガニスト。スイス、ポントレジーナ市サン・ニクロ教会オルガニスト。

 

また2004年より、北イタリア・ドロミテ山麓のアンドレア・ゼーニオルガン工房に於いて、パイプの整音を中心にオルガン制作にも携わり、パイプオルガンという楽器を探究し続けている。